民芸紙敷松葉(しきまつば)

3416

型を使用し、民芸紙(長めの繊維入り和紙)に、キラ(パール)色の柄を摺った和紙。



松文様はめでたいときに使うだけでなく季節を選ばず一年中用いられる文様です。

庭の苔や土、樹木の根などを霜で痛めないように、

冬に入ると茶庭に霜よけとして松葉を敷きつめる習慣に由来した図案。



※すべて手づくりのため紙により多少摺り色・柄の出具合が異なります。

※直射日光が長時間あたる場所では、変退色する恐れがあります。

※お客様のモニター環境により、画面上ご覧になっている色や素材感と実際の商品が異なる場合がございます。
販売価格 7,260円(税込)

W970mm×H1880mm
購入数



Top